1964 – Tokyo Olympic Architecture

Created in Collaboration with Pen Magazine International

Photographs and words by Cody Ellingham

1964 will forever be incomplete.

Amongst the modern forms of the 1964 Tokyo Olympics featured here there is one unforgivable omission, one structure that defined New Japan for a generation who watched torch bearer Yoshinori Sakai bring the flame of Olympia to Tokyo. That structure was the National Stadium.

Built in 1958, and designed by Mitsuo Katayama, it was the location for both the opening and closing ceremony to the Games. It was demolished in 2015 and passed into the ether of time.

Of those that remain, Yoyogi National Gymnasium (Kenzo Tange), Komazawa Olympic Park (Yoshinobu Ashihara, Murata Masachika Architects), and Nippon Budokan (Mamoru Yamada), their concrete appears to be permanent, but they too are as transient as the sand and water which forms them.

The structures of 1964 emerge from the silence of a blue twilit sky, simultaneously the brilliant light of first dawn and the profound glory of the setting sun. I followed in the footsteps of filmmaker Kon Ichikawa whose 1965 documentary Tokyo Olympiad inspired me to see these structures as they were, photographing them as they are: arcs and lines of modernity in the final summer of the Heisei era.

The 1964 Tokyo Olympics was only a moment in time, but that bright flash of summer will be forever remembered by those who were there. For the rest of us, only weary concrete remains.


1964年は、永遠に終わらない年だ。

1964年に開催されたオリンピックの代的な形式の中で、容赦ない逸脱をした建築物がある。それは、戦後の日本の真新しさを象徴するために、文明の先駆者である坂井義則が東京オリンピックにもたらした唯一の建築物だ。坂井氏はオリンピアの炎を、国立競技場という形で体現し、東京にもたらした人だ。

1958年に片山光夫によって設計された国立競技場では、東京オリンピックの開会・閉会式が行われた。

同建築物は2015年から解体工事が行われ、もうじき平成とともに姿を消す。

未だ健在の建築物としては、国立代々木競技場(丹下健三)、駒沢オリンピック公園(芦原義信、村田政真)、そして日本武道館(山田守)が永劫的に存在を示し続けるが、それらもまた、水によって壊れてしまう砂の城のように一過性のものなのかもしれない。

1964年は、星が残る夜の静けさから姿を表し、夜明けの閃光とともに夕暮れの太陽が現れるような、そんな年ではなかろうかと思う。

映画監督である市川崑が残したドキュメンタリーの「東京オリンピック(1965)」の随所から、平成最後の夏の足跡を見てとることができる。

1964年は瞬きのような年だった。その時代を生きた人々にとっては、輝かしい夏のひかりが永遠にのこるような、その後に残された私たちにとっては、ただのコンクリートだけが残るような。

Cody Ellingham